世界級名医グループ
卒業大学 防衛医科大学校 国籍 日本
学会·資格·役職など 【所属学会】 日本外科学会 日本胸部外科学会 日本呼吸器外科学会 日本肺癌学会 日本内視鏡学会 日本癌学会 【認定資格】 日本外科学会:指導医・専門医 日本胸部外科学会:正会員・評議員 日本呼吸器外科学会:指導医・評議員 日本肺癌学会:評議員 日本癌学会 米国臨床腫瘍学会正会員 欧州胸部外科学会正会員 世界肺癌会議正会員 AATS(正会員) 【受賞】 1997年 世界肺癌学会(IASLC) 1998年 米国臨床腫瘍学会(ASCO) 1999年 篠井・河合賞 日本肺癌学会 2004年 癌学会奨励賞 日本癌学会 2005年 高松宮妃癌研究基金助成 2009年 日本呼吸器外科学会賞 2015年 順天堂大學医学部ベストプロフェッサー賞 2016年 順天堂大學医学部ベストプロフェッサー賞 略歴 1990年 防衛医科大学校卒業
1991年 防衛医科大学校臨床研修医
1993年 US navy 潜水医学課程修了
1995年 国立がんセンター東病院(現:国立がん研究センター東病院)非常勤
1997年 国立がんセンター東病院がん専門修練医
1999年 国立がんセンター中央病院(現:国立がん研究センター中央病院)呼吸器外科医員
2007年 同病院呼吸器外科医長
2008年 順天堂大学医学部呼吸器外科学講座主任教授
鈴木健司
専門分野

呼吸器外科
・早期肺がんの診断と治療
・進行肺がんに対する集学的治療
・縦隔腫瘍の診断と治療
・転移性肺腫瘍の治療
・悪性胸膜中皮腫の治療
 
紹介

1990年に防衛医科大学校を卒業後、防衛医科大学校にて臨床研修医、1993年にUS Navy(アメリカ海軍)にて潜水医学課程を修了。国立がん研究センター東病院にて非常勤、専門修練医、同中央病院にて呼吸器外科医員、医長を務め、2008年より現職。主任教授を務める講座は、肺がんを代表とする呼吸器外科疾患に関して全国でも指折りの症例数を誇る。
 
略歴

1990年 防衛医科大学校卒業
1991年 防衛医科大学校臨床研修医
1993年 US navy 潜水医学課程修了
1995年 国立がんセンター東病院(現:国立がん研究センター東病院)非常勤
1997年 国立がんセンター東病院がん専門修練医
1999年 国立がんセンター中央病院(現:国立がん研究センター中央病院)呼吸器外科医員
2007年 同病院呼吸器外科医長
2008年 順天堂大学医学部呼吸器外科学講座主任教授
 
所属学会・資格・役職など

【所属学会】

日本外科学会
日本胸部外科学会
日本呼吸器外科学会
日本肺癌学会
日本内視鏡学会
日本癌学会
Americal Society of Clinical Oncology (ASCO)
American Association for Thoracic Surgeons (AATS)
Society of Thoracic Surgeons (STS)
European Association for Cardio-Thoracic Surgery (EACTS)
European Society of Thoracic Surgery (ESTS)
International Association for the Study of Lung Cancer (IASLC)
 
【認定資格】

日本外科学会:指導医・専門医
日本胸部外科学会:正会員・評議員
日本呼吸器外科学会:指導医・評議員
日本肺癌学会:評議員
日本癌学会
ASCO(米国臨床腫瘍学会正会員)
ESTS(欧州胸部外科学会正会員)
IASLC(世界肺癌会議正会員)
AATS(正会員)
 
受賞・著書・論文など

【受賞】

1997年 Young investigator award 世界肺癌学会(IASLC)
1998年 Merit award 米国臨床腫瘍学会(ASCO)
1999年 篠井・河合賞 日本肺癌学会
2004年 癌学会奨励賞 日本癌学会
2005年 高松宮妃癌研究基金助成
2009年 日本呼吸器外科学会賞
2015年 順天堂大學医学部ベストプロフェッサー賞
2016年 順天堂大學医学部ベストプロフェッサー賞

【論文】

1. Togo S, Katagiri N, Namba Y, et al. Sensitive detection of viable circulating tumor cells using a novel conditionally telomerase-selective replicating adenovirus in non-small cell lung cancer patients. Oncotarget 2017; 8(21): 34884-95.
2. Takamochi K, Mogushi K, Kawaji H, et al. Correlation of EGFR  mutation status with 18F-FDG uptake on PET-CT scan in lung ade<br />
&nbsp;