ホープノアニュース
「21st Century Business Herald」Hopenoahインタビュー:海外医療10年
时间: 2018-09-07
海外医療のボトルネックは、海外の医療資源とのつながりから、富裕層から中産階級への移行方法に変わってきている。
 

 
この質問に応えて、「21st Century Business Herald」がHopenoahに具体的にインタビューしました。詳細は次のとおりです。

「彼女はわずか6歳であるが、多くの成人が耐えられない痛みに苦しんでいる」6歳のドウドウは脊索腫に罹患し、中国での2回の手術後に再発した。 この重要な時に、両親はHopenoahを見つけました。

Hopenoahの医療チームはすぐに計画を作成しました。まず、Boston Children's Hospitalで専門家との受診が行われました。専門家は手術と陽子線療法の計画を告げましたが、治療費は高かったです。 Hopenoahチームは、すぐに日本国立癌陽子治療センターの秋元哲夫教授と日本医科大学付属病院脳神経外科所長の森田三木教授の相談を受け、ボストン児童病院の計画と一致し、また手術や陽子線治療能力を両方持つ病院はまれであり、幸い筑波病院はドウドウのために手術+陽子治療を行うことになった。

Hopenoahの創始者である王剛(Wang Gang)氏は、この治療プロセスを思い出すと、依然として非常に激動します。日本の専門家は、腫瘍の95%を除去し、残りの5%を陽子線療法で除去する事を計画しています。 しかし、ドウドウは過去に2度手術を行われているため、腫瘍は脳幹に巻きつけられ、また年齢が非常に小さい、三回目の手術には意識、呼吸、心拍障害につながる重大な障害を引き起こす可能性があります。

あらゆる決定は全て子供将来の人生を意味する物で、慎重に選択せざるを得ない。 Hopenoahは各分野で12人の専門医を見つけ出し、この医療チームにより.25時間の大手術を行いました。手術は無事成功しました。 日本医師が病棟巡回した際、子供に手作りの“雪だるま”作り上げた、子供が目を覚ましたときに、一目惚れして気分を晴れやかに保ち、状態の安定を助長するようにと家族に話していました。


  
これは人々を感動させる一枚の写真です
 
王剛氏は21世紀ビジネスヘラルドにこう語った。「生死別離を沢山見ると、人々はもっと純粋でシンプルになるだろう」
 
Hopenoahは2011年から準備作業を始まりました。中国の早期海外医療機関でもある、7〜8年が経過した現在、海外医療業界は3つのステップを経ており、ボトルネックは病院のリソースどの様に入手するからどの様に富裕層から中産階級に拡大するに変わりました。  Hopenoahの経験は、業界の典型的な形となっています。

業界起源
 


Hopenoahの設立は、ある生死別離から起こった。 2011年、王剛氏の家族は病気で亡くなりました。治療中に、王剛氏は重症患者のために最先端医療を与える方法について考え始めたばかりでした。

各患者にとって、ハイグレードの治療効果、より速い医療措置が有することが望ましい。 王剛氏は仕事上の関係から、以前は米国、日本、ヨーロッパなどに滞在していたが、これらの先進国の医療供給はかなり豊かで、医療レベルが高く、薬物の種類が多く、治療効果が良く、患者様の体験が優れていた。 中国人は海外で働くこと、旅行すること、旅行することができるので、ここに来て医者を見ることができますか? "私は、重病の患者さんが、権威ある病院、権威ある専門家、より適切な治療オプションから治療方法を選択し、そして受けることができることを願っています。”

この目標を達成するためには、2011年下半期から、王剛氏がHopenoah立ち上げ準備を始め、中国に海外医療というサブセクターを開設しました。

中国人の所得水準の上昇と消費の拡大に伴い、中高年層の人々は、重大な疾病に苦しんで海外医療行為を選択するようになり始めた。 医療資源と医療基準どちらも、海外医療に利点がある。 したがって、海外医療機関の創設者は、この市場が急速に発展し、顧客はますます多くなると考えています。

しかし2011年に戻るり、王剛氏のような業界パイオニアがなく、市場教育欠乏され、患者が海外医療という選択肢がある事を知っていない、従って、初期段階では、多くの企業が初年度の顧客数は数名しかいませんでした。 いくつかの投資家がこれをあきらめています。 しかし、Hopenoahは2014年9月まで、質の高い医療資源と海外医療サービスチームの構築に3年間を費やしました。

王剛氏はその間に大きな圧力を受けている。数年間、投資するだけで、産出は見えなかった。彼は自分の貯蓄をすべて海外医療につぎ込みしました。しかし、三年近くかかった準備作業が要約完成され、しかも期待以上の形になっていました。
 
ビルドアップ時間が長いの理由その1つは、Hopenoahが仲介業者を選択せず、又インターネットモデルではなく、医者や施設に深く関わる重資産モデルを最初から選択していることです。 「仲介モードはお勧めできません。情報の非対称性を利用して、質の高い医療へのアクセスにかかるコストと社会的コストを高まる一方です。競争の障壁はありません。そして私は最初からこれを選択しなかったです”。王剛氏はこのように解釈する。

事実、Hopenoahは海外のトップレベルの医師資源を手を差し伸べたいと考えており、これは当初海外の医療業界が直面していた比較的重要なボトルネックでもあります。 このモデルに従い、王剛氏は最終的に海外トップレベルの医師チームを構築され、未だに医療機関でもこのようなモデルは中々見つけ難いです。

海外医療資源


 
重篤な病気の患者をドッキングして、質の高い医師(病院)にドッキングしながら、特にトップレベルの医療資源を保つ事は簡単ではありません。

主要病気については、中国人が認可している海外医療機関は主に米国、日本、欧州であり、海外医療機関も主に米国と欧州を推薦する、Hopenoahは日本と米国を選択している。 日本を選択した理由は、二年連続世界保健機関(WHO)の世界医療基準ランキングで第1位となり、かつ先進国でありながら、医療費が低い国であることから選ばれました。 しかし、閉鎖した日本市場は侵入しにくい事も事実である。

Hopenoah専属顧問がHopenoahとの独占契約を結んだことを王剛氏が紹介しました。長期的な協力と信頼関係を加えた上、Hopenoahは厳格に患者を選別し、治療に適した患者に届けします。 こうして緊密な協力関係を形成できる。

専属顧問の方式は、患者さんのニーズから来ています。重症患者は治療を受け、初めて品質を確保するだけでなく、中国に帰国した後のフォローアップも長期間のプロセスです。例えば、Hopenoahある患者の場合、榊原記念病院を指名して2014年に行きました。治療後中国に戻った後、Hopenoahは後の段階で病気の発症を把握し、整理しました。患者はいまだにHopenoahのサービスを利用しています。

王剛氏は、「医療専門家と専属顧問契約を締結する事、特に日本の専門家との契約の難しさが想像できる。海外医療専門家がリスクを重視しており、医師は教室から学び、専門家になり、医療専門家になると、受け入れられたコンセプトは厳格であり、誠実で標準化されており、日本の独自の国家特性に重ね合わされ、慎重で保守的等の特徴があります。中国の海外医療機関と契約を結ぶのは当時の業績を持たないと、その難しさが考えられる。」と語った。
 
また、米国では医師の自由度が高く、病院との提携は強くないが、日本では国民健康保険全て加入され、中国と同様、医師を病院に常勤している。 これはまた、Hopenoahと契約することの難しさを増加させた。

Hopenoah社の最初の契約者は、日本の順天堂病院がんセンター長、日本消化器学会学長鶴丸昌彦教授、脳神経外科学会の寺本明教授など、5名のトップレベルの医学専門家であった。 王剛氏は海外起業家として10年以上の経験を持ち、人脈のリソースを蓄積しています。 「日本では、人を他人に紹介することにより、その紹介者の評判によって支持される必要がある」

今まで、Hopenoah社の専属顧問医師グループは、50人以上トップレベルの医療専門家を日米で抱えており、当初は海外医師グループのプロトタイプを完成させました。 「企業は時間を共に成長し、数年調査後、Hopenoahとの信頼を築き、従ってスムーズになるだろう」

さらに、Hopenoahは、臨床および医学的背景を持つ専門家で構成された海外の医療サービスチームを設立し、又Hopenoahアパートメントと専属車作り上げ、統括的なサービスのプロフェッショナリズムと患者の良好な医療経験を確実にさせて参ります。
現在、この「重運営」傾向は、ますます海外の高品質病院によって評価されている。

Hopenoahと日本赤十字病院は、昨年3月31日、北京で署名式と記者会見を行い、日本赤十字社国際病院国際部をHopenoahに委託運営をする事で正式に発表した。 これは初の海外病院の国際部を完全に管理する事です。 Wang Gang氏は、21世紀ビジネスヘラルドにこう言いました。「Hopenoahは国際病院の運営を担当しています。つまり、海外の患者はすべて病院の代わりに受け入れられます。この協力モデルは、中国における国境を越えた医療の先例を生み出しました。

このモデルは日本病院にとっても初めてであり、日赤病院院長幕内雅敏先生は21世紀ビジネスヘラルド記者に「2010年に日本が海外の患者を受け入れ始めて以来、益々多くの日本病院が国際部門を設立しています。しかし中国企業にマネジメントを依頼するのは初めてだ」と述べた。
 
富裕層から中産階級へ


 
人間の成長はあらゆる段階で、困難を克服しなければなりません、そして業界でも克服する必要のあります。

ここ数年、海外の医療業界が直面するボトルネックは、外国の病院や医者とのつながりでした。数年の開発後、このボトルネックは徐々に解決され。2017年以降、多く業者目にしたボルトネックはは、 顧客基盤の拡大、つまり、より多くの患者が海外で治療を受けることを選択できるようにする。 「過去には、金持ちだけが海外医療の扱うことができました。中産階級が参加する方法はありますか?」

現在のソリューションは、割引と保険です。例えば、 いくつかの海外医療機関を通じた一部の米国病院などの割引プログラム、費用の一部を削減すると言われています.Hopenoahの消費者健康保険などの保険プログラムもそうです。

王剛氏は、HopenoahとHuatai Insuranceが協力してHuatai Hopenoah Cancer Insuranceを立ち上げることを発表しました。 お主な保険は被保険者の医療費用の支払いがほとんどです、しかし、Hopenoahは被保険者にハイグレードの医療を基づき保険商品を提供し、 海外での治療に伴う航空券、宿泊費、交通費、付随費用、翻訳料、ビザなどの費用は、医療費の支払いに加えた商品です。海外の病院で治療されていない場合は、国内の治療費が払い戻され、 最高600万元/年。 保険費用は数百から数千にすぎません。

数年の発展を経て、多くの海外医療機関が現れ、そして多くの海外医療機関が姿を消しました。 消費者の海外医療に対する認識も高まっており、海外の医療機関を保有して独自のビジネスモデルを構築及び明確の戦略を残されている、例えば日米市場を支配するHopenoah、 医師団+海外病院委託+健康保険の重資産モデルであり、Shengnuoは英国と米国の市場を主に拠点とし、顧客に割引を奨励しています; Kang Changrongは徐々に陽子線、重粒子線によりがん治療に、Shanghai MijiaはNew Mile Medical Groupに買収されました。 それは医療機関のバックグラウンドを持つまれな海外医療機関であり、米国のハイグレードのM病院は直接北京に事務所を設置し、さらに海外の医療教育、海外の医薬品の購入およびその他の部門に焦点を当てた企業... ... どんなモデルが生き延びることができるかについては、まだ決定的ではない。
特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。