ホープノアニュース
中国経済網:HopeNoahは患者を中心とした本格的な日本ドック検診を提供
时间: 2018-11-01
中国では医療資源分配が不均一であるため、 "医者を見る"事は中国人にとって頭痛なことになっています。 近年、「中国式医療」というパターンは、医師と患者間の関係を急激に悪化させている。 しかし、今日の情報技術の発展に伴い、外国の医療資源は常に国内の人々に知られており、「海外に受診する」という新しい概念が徐々に普及しつつあります。

以前は、Wang Shiは個人的なブログで自身の医療経験は記載し、中国人に日本医療の印象を与えました。最近、あるネチズンはフォーラムで外国医療の経験を更に詳細に紹介し、人々の注目を集めた。

日本は世界長寿国及び健康寿命が長い国であり、世界最高レベルの医療水準は米国に次ぐもので、多くの医療機器が日本で開発され、国内で初めて使用されています。 同時に、低侵襲手術により癌の治療、重粒子線治療、および生体再建の治療においも、世界的ランクされており、重病患者の治療選択地である。

私たちを通じて、中国重病患者に日本での医療サービスを提供する。北京Hopenoah国際医療技能有限公司(以下、Hope Noahと称する)のWang Gang会長によると、 日本に設立された支店では、病院や関連疾患の専門家を事前に予約しており、これらの病院はアジアのトップ3に並ぶ病院、医師チームも業界最高レベルの組織である。同時に、私たちが患者の医療記録を整理し、 日本に到着後、待たずに、専門家グループはあなたの状態に応じた治療計画を策定し、時間節約面で大きな利点があります。
 
日本人のサービス精神も、特に医療業界では世界的に有名です。 医療スタッフの言葉や態度、熱意と病院環境はすべてヒューマニスティックケアを反映しています。 日本の医療機関では、しばしばこのような状況に遭遇します。

1、治療のプロセスは非常に簡単で、支払い、薬受取を待ち行列はなく、受診後にフロントデスクにて支払するだけです。

2、患者が診察室に入ると、医師はまずあなたにお声をかけます。バッグやその他の身の回りの持ち物を持っていれば、看護師はすぐにその物が保管できる場所を指し示します。医師が聴診器で胸を聴き際、聴診ヘッドを患者の体に触れる前、"申し訳ありません" と言います、エコーカップリング剤の前に、技術者は「少し冷たいですよ」と言います、筋肉注射の前に、看護師は「少々痛みがあります、すぐ終わりますよ」と言い、薬剤師から薬を頂く際 、 "お大事になさってください。" ...

3、医療環境を脅威ではないことに注意し、院内壁や地面に「携帯電話を使用できる」という文字があり、それは携帯通信機器による医療機器の誤動作を防ぐためです。

4、日本では、医療記録は医療機関に保管されており、患者が家に持ち帰るではなく、紛失心配ないし、又患者が医療訴訟を起こした場合、これらの医療記録などは非常に重要な証拠です。

日本の病院を利用している多くhopenoahのメンバーは、北京のより良い病院も利用していますが、しかし院内は朝地下鉄の通勤ピークにような人の流れです、日本の病院では混雑し、騒々しい群衆が見えません。静かな環境です。患者は全て事前に予約されており、予約は無料です。

発展国には、裕福層が個人担当医師をもち、中国ではまだ発展途上国である、がん患者の急速な増加と限られた経済的能力に直面している、Hope Noahは外国からの専門家を統合し、重病の患者様に病院や信頼できる医師の方々を提供する、より良いサービスや成果を体験してもらえるように働きかけ。また、専門的サポートチームによりビザ、ピックアップ、ケータリング、宿泊、翻訳などの問題を解決し、患者の負担を大幅に軽減するよう努めています。


特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。