ホープノアニュース
フェニックスネット:HopeNoahが海外診療に希望の架け橋を築く
时间: 2018-11-21
中国医療資源の分布が不均一で、医療技術の後進性がある場合、重病に直面しても命を救うことは困難です。 現時点では、海外診療できることは、患者様に対し、人生の光に点火をされる程感激することです。 彼らはインターネット上でアクセス可能な外国語の情報はまったくよく知られていません。 北京hopenoah国際医療技能有限公司(以下、「hopenoah」という。)は中国患者に日本と米国の医療をサポートする医療機関であり、海外診療を求める患者様に希望の架け橋を構えています。

hopenoahは2008年に設立され、早々海外医療サービスを患者に提供できる中国企業の1つであり、日米にて直接サービスチームを設立した企業でもあると報告されています。実際、中国で海外医療を提供しているサービス代理店はhopenoahだけではなく、しかし基本的に米国への診療サービスを提供する組織です。

米国の医師を選ぶ理由は明らかです。米国では、特に癌、心臓病、神経学、整形外科の治療において、医療技術が発達しています。しかし、ハイグレードのスキルと異なる事実がありました、それは中国から遠く、医療費が高いことです。これらは、旅が難しい、または家族の経済条件が厳しい多くの患者にとってプレッシャーをかけることになります。このような状況の下、hopenoahは、患者のニーズをもとに、日本の権威ある医療資源を導入し、裕福層だけが海外医療に行くことができるパターンを変えました。日本は、米国の医療技術と親しまれる国です。日本は米国に比べて中国に近く、医療費が安いため、海外医療を求める患者様には適しています。したがって、hopenoahは、患者様がより多くのニーズを満たすために、広い医療スペースを開設してまえりました。

hopenoahが提供する包括的な医療サービスシステムは、海外専門医師の予約、入院予定、ビザ申請、医療データの収集、海外でのフルサービスを一括提供しています。ナニースタイルのワンストップサービスです、円滑な海外医療を楽しむことができます。
 
若いとき、人々はいつもお金を稼ぐことがより重要だと考えています。 最近では、「人は天国に、お金が銀行、妻は他人のベットに」という記事が友人のサークル内で広く流布し、多くのネチズンたちがコメントを送るようになった。 中には一枚床に溢れている金の写真が深く考えさせられる。この記事では、ある億万長者がハルビン医科大学の病院で絶望のためにヒステリーにお金をばら撒いています。 "1000元の価値ある衣服、領収書が証明できる、30万の価値ある小さな車、請求書が証明できる、500万の価値ある家、不動産証明書が証明できる、人がどれくらいの価値があるか、健康だけが証明できる! ”この記事では、実際の例を捧げ、健康の最前線を示すための鋭い言葉を使用し、健康は王者という真実が訴えていた!
 
当失去了健康,才发现身体才是革命的本钱!没了健康,其他的诸如:财富、名誉、地位、面子、奢华、小三、豪车、名宅……都是浮云!尽管如此,患病后也不应自暴自弃,尤其是富人更应该利用自己的优势寻求各种资源,争取找到解决的方法。但当国内的医疗技能达不到时,完全可以通过出国看病寻求出路,hopenoah为出国看病搭起一座希望之桥,给你多一份希望。

富、評判、地位、顔、贅沢、愛人、高級車、豪邸など、健康がなければすべて意味ないであることが分かります!しかし、病気を掛っても、自身をあきらめるべきではなく、特に富裕層は、さまざまなリソースを求めて解決策を見つけて、それぞれの利点を活用する事が強く勧めます。 hopenoahが海外医療の希望の橋を建設し、より多くの希望を捧げる。


 
リンク先:http://biz.ifeng.com/business/news/detail_2014_08/27/2834853_0.shtml
特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。