ホープノアニュース
中国放送ネット:Hopenoahは海外へ治療を目的とする患者様に注意を喚起する
时间: 2018-11-02
2011年に日本で「医療ビザ」イニシアチブが開始された後、2014年のAPEC会議は、更にビジネスビザを10年間延長する合意に達しました。 海外医療ブランド管理機関であるHopenoah・ヘルス・マネジメント有限会社(以下、「ホープ・ヘルス」という。)の会長である王剛氏(Wang Gang)は、日本での医療ビザの発給及び米国ビジネスビザの有効期間の延長は、海外へ治療を目的とする患者様に対するグットニュースである事を発言しました。 しかし、海外に自ら出国して病院に行くか、仲介代理店を通っていくかのスクリーニングと選択に注意をすべき事である、従ってこれにより消費トラップや誤解を避けるべく事ができるです。
 
一、米国政府承認は根本的存在しない。
 
現在、海外の医療サービス市場は混在しており、外国に行く不規則な医療従事者の多くは、米国の公認看護師を利用して顧客を惹きつけている。 実際、米国の病院は、中国の仲介業者にいわゆる「公的証明」を発行していないだけで、一部の非営利団体との連絡があり、大部分は大規模なアメリカの病院との正式な交流に過ぎません。 一部の非公式の仲介業者は、このような誤ったタイトルをぶつけているが、彼らは自ら作り上げた "高いオーラ"を介して、実際の状況を隠蔽し、個人的利益のために仲介経費を増やすことにより、患者様からをだまし取る。
 
二、病院選びは政府公開の医療機構ランキングを参照すること
 
米国には41の総合的ながんセンターしかありません。他の様々営利、非営利大小の病院は数多く存在し、国内患者とっては魅力的です。 医療専門家によると、US News&World Reportは毎年複数の医療指標に基づいて、例えば、専門家の評判、治療効果、患者維持率、患者数、看護師と患者の比率、ケアのレベル認定病院、 国立癌研究所のがんセンター、高度なスキル、患者サービス、ICU介護等は、米国の病院に対し、リストアップをします。認可率が90%であり、国内患者が病院を選択する重要な基準として使用できます。 また、米国の正規病院の医師情報は、公式ウェブサイトで見ることができます。患者は、医師の資格を持っているか、病院に就職しているかどうか、罹患した患者数、脅威のない患者の数、 どのような研究プロジェクトをしているなど情報は必ずしも確認をすべき事が強く勧めます。
 
三、アポイントされたのは病院か医者かは慎重に見極める
 
Hope Healthの会長Wang Gangに話では、以前あるメディアは、浙江省の劉氏は悪い仲介者に騙され、米国の小規模な診療所で治療を遅れて、悲惨な結末に遭遇した事を報道されていました。主な原因は米国の医療制度と慣行を理解していなかったためである。 米国では、医師は数箇所での診療することが許されている、予約された相手委は病院ではなく、医師である場合、小規模の診療所で受診されるかもしれません、しかし小規模な診療所には集中治療のための器具や設備がありません。 レベルも大病院と比較できないので、非常に要注意である。従って、大型病院での予約を強く勧めます。大勢の会社は患者の為に病院へのアポイントメントを可能にするだけで、医師は必ずしも権威的ではなく、新卒や臨床経験を浅い若い医者であることもあります。
 
四、医療情報の翻訳及びチェックする事はとても大事、専門家の審査が不可欠である
 
米国で受診される中国の患者様が日々増加している、米国のM病院に入院した中国人患者の数は約200人であり、その数は増えています。 しかし、治療を受けた中国人患者のすべてが満足したわけではなく、Hope Healthの調査により、一部患者様が米国病院に“一回りして”返される事もあった。主な原因は医療記録の整理及び翻訳際専門家のチェック、再審査をされていないからです、アメリカの病院でより良い治療法があると思って、より良いレビューとチェックをしなかったので、それを後悔してしまうほど遺憾でした。
 
Hope・ヘルスの会長である王剛氏(Wang Gang)により、重病の患者や家族にとって、治療のために海外へ行くことは大きな問題だと語った。海外に行く際、時間、エネルギー、お金を費やすだけでなく、身体的、 多くのダメージを受けざる負えない為、Hopenoahではクライアントと契約を締結後、チームの専門医は最初に患者の医療記録を整理し、米国(日本)と中国の医学的資格を持つ医者により翻訳を受け、特に重要なのは翻訳後の医療情報を医師(Hopenoahの専属顧問医師)に手渡し、審査を行います。 その後医療専門家から、患者がより良い医療サービスを受けられるように、最適な病院と医師を見直して紹介します。
 
五、予約引受と遠隔診療は全く違う事です
 
遠隔診断サービスは、米国の大規模ながんセンターによって提供されています。そもそも遠隔診断は、中国患者が提出した診療記録に基づいて海外医者から診断し、患者に治療勧告を行うためのものです。 患者が次の治療法を決定するための基準である。これは患者様が医療情報を交付後、外国の病院により、患者様を受け入れるかどうかを判断する事とは本質的に異なる。 遠隔診断のために、Hopenoah US専門家グループのメンバーであるSlamon教授のアドバスでは、患者から提出された情報は可能な限り完全であるべきであり、かつ専門的な医療翻訳に翻訳されなければならないこと。例えば:どのような癌、どのような検査、中国医師の診断及び治療計画などの情報をできるだけ多くをマスターすることで、医師がより正確な判断と適切な効果的な推奨をできる事に役立ちます。
 
Hope Health社の王剛(Wang Gang)社長は、現在海外の新興医療機関が増え続けている、患者とその家族は見る目を磨き、スクリーニングする必要があると語った。 同時に、患者様は医療の深刻さと複雑さと医療の個別差を是非考慮しなければならない、世界トップレベルの医療技術と権威のある医療専門家でさえ確実に診断し及びすべての病気を治すことが保障できないことを患者は認識する必要がある。 より良い治療計画がある、より良いスキルと薬があると判断された場合に限り、外国の病院が受け入れする事が可能になります。Hopeヘルスは、患者様が海外医療を受けるために全力を尽くします。

原文链接:http://sc.cnr.cn/sc/2014qiye/201412/t20141208_517023578.shtml

原文截图

 
特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。