ホープノアニュース
日本呼吸器外科神の手鈴木健司教授: 肺癌の最新进展および治療の限界
时间: 2018-11-12
東京に拠点にする順天堂大學附属順天堂病院は、日本肺がん外科治療のハイグレード病院の一つであり、また呼吸器外科の鈴木健司医師は肺がん手術のスペシャリストです。近日、海外医療企業Hopenoahに招待され、中国を訪問し、肺がんの最先端情報及び治療の限界を紹介して下さる事になりました。鈴木健司医師はHopenoahの専属顧問の一員である。
 
中国と同様、肺がんも日本では発病率が高く、治癒が困難ながんであり、毎年約6万人がこの病気でなくなり、これは東京体育館満員の数です、全てのがん死亡率の1/6を占めています。
 
又、この数値は毎年上昇傾向であり、鈴木健司医師の予測では、2020年までには、日本毎年患者数は約12万人までに上るという、内男性は約9万人、女性は約3万人。世界的には、米国、英国、フィンランド、ノルウェー、スウエーデンを除き、その他の国、特にアジア諸国が上昇傾向である。
 
鈴木健司医師は、子供の頃に見たマルボロの広告で喫煙したハンサムなカウボーイが肺がんで亡くなった事をはっきりと覚えている。
 
しかし、喫煙率の低下は肺がん患者を減少させなかった。1965年から2011年にかけて、男性の喫煙率は49%減少、女性は5.1%減少したが、肺がん患者の数は増え続けており、喫煙していない人も、特に女性も肺がんにかかってしまいました。
 
その理由は、肺がんは扁平上皮癌、腺癌、小細胞がん及び大細胞がんに分類されることが明らかになっている。そのうち、腺癌は喫煙とは関係がなく、他の3つは関連しています。肺がん患者数の増加は、主に、腺癌の割合の増加による物であり、1989年の49%から2004年の68%に増加した。その要因と高齢化の影響を受け、21世紀の肺がん発達傾向は、シニア、女性、非喫煙者である。
 
肺がんの死亡率は86%と高く、その原因は、肺がんの患者はほとんど自己症状がなく、胸部X線検査も見つからない為、CT、thin-sectionCT、PET-CTを使って発見ことができます。鈴木健司医師はドック検診でのアドバスとしては、非喫煙者は5年事にCTを行い、喫煙者は1年に1回行なう事です。
 
早期発見に従い、5年生存率はかなり高くなる。日本では、術後5年生存率の50%以上を示す、しかし約30%(1,2期)患者様のみが手術可能であり、それも肺がん五年生存率の低い原因の一つである。一般的に、女性肺がん者の予後状況は男性より良い、それは腺癌がより良好に治療されるからです。
 
鈴木健司医師は、肺がん治療は先ず手術を選択する事と考えており、放射線治療は体力のない患者に適用しており、化学療法は転移のある患者様に適している。日本の肺がん手術は、米国を上回って、世界の上位に位置している。例えば日本の肺がん術中死亡率は0.9%、米国は3%である。
 
米国よりも高い事の理由の一つは、鈴木健司医師が低侵襲手術を自ら発明した、これにより米国での講演会に招待されました。
 
この手術では、青緑色の色素が肺の病変に注入されるため、青緑色の部分だけを取り除く必要がありますが、出血がほとんどないという衝撃的驚く点がある。現在でも、ヨーロッパ及び米国が未だに日本と同一レベルを達成する事は出来ない。このような方法での手術をする前には、肺葉の1/2を切除することが屡々必要であり、出血量は80Mlを超える。
 
新型手術方法により、患者様に身体の負担を減軽され、現在日本の肺がん手術の平均入院日数は26.07日であるに対し、順天堂はわずか6日である。更に、拡大手術を受けている患者様に範囲は拡大され、高齢者、心臓病の患者様であっても手術が可能になる。もちろん、より多くの肺葉を残す事も、患者様の予後に有益である。
 
日本は、医療用ロボット、ダビンチロボット手術を開始した。これは傷口が小さき、術後2日退院可能な手術です。現在ではこのような外科手術を行う病院が3つあり、順天堂病院はその一つ、他のつは広島と京都にある。ダビンチロボット手術が今後標準治療となる。
 
鈴木健司医師は、診断技術、テクニック、麻酔レベル、介護レベルの改善により、肺がんの外科的効果が大幅に改善されると考えている。
特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。