ホープノアニュース
海外名医In China——日本糖尿病治療エキスパートである慈恵会慈惠大学医院 内分泌内科部長宇都宫一典教授 糖尿病篇。
时间: 2018-10-31
2018年8月13日、Hopenoah専属顧問、日本糖尿病治療エキスパートである慈恵会慈惠大学医院 内分泌内科部長宇都宫一典教授を招き、Hopenoah及び泰康保険グループ協同主催する“世界名医in china”が開催されました。



会場では、宇都宮先生が日本糖尿病現状、治療メリット及び新薬、例:Zafatekについて、紹介をされました。

又、泰康保険及びHopenoahは特別顧客に対し、FaceToFaceのディスカッション場面をもたらし、患者様に対する長年に渡り糖尿病問題、疑問についてコンサルティングをし、日中間治療の情報交換をされ、最大限のサポートを提供致しました。以下は一部整理した情報、ご参考ください:

日本糖尿病新薬:Zafatek(中文名:曲格列汀)

特徴

1、服薬頻度減、作用時間が非常に長い
2、単一内服として、又他の経口血糖降下剤と組み合わせて使用することができる、独特の作用機序を有し、低血糖、体重増加及び副作用が少なく、消化器系副作用を引き起こすこと少ないというユニークな利点がある。
使用方法:毎週同一時間朝食前30分間服用
注意点:初期使用時、メトホルミン或るいインスリンは中止できない、減量については、担当医師の指示に従う事。
副作用:下痢、吐き気、嘔吐稀にある。他の厳重副作用はいまだに不明。  
 
宇都宫教授履歴

東京慈惠会医科大學付属病院(東京部)
糖尿病·代谢·内分泌内科診療部長
専門:糖尿病、糖尿病性腎症、脂質代謝障害。
糖尿病を中心とした糖尿病合併症の寝台及び治療のエキスパート。又、日本糖尿病代謝内分泌内科の診療領域でも、トップレベルの存在である。Hopenoah専属顧問の一員です。
 
所属学会·认证·资格

【所属学会】日本糖尿病学会、日本糖尿病眼学会、日本病態栄養学会、日本動脈硬化学会,日本臨床栄養学会、日本糖尿病合併症学会、日本糖尿病性腎症研究会、アメリカ糖尿病学会
【認定医】日本糖尿病学会認定医、指導医、日本病態栄養学会認定医
 
経歴


1979年 東京慈恵会医科大学卒業
1985年 同第3内科大学院修了
1996年 同講師
2001年 米国コロラド大学留学
2002年 糖尿病・代謝・内分泌内科准教授
2010年 同主任教授

主な研究テーマ:糖尿病合併症の治療

特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。