ホープノアニュース
世界名医中国訪問計画、日本順天堂病院副院長著名なる肝・胆・膵外科専門家川崎誠治教授
时间: 2018-11-12
先週末開催された“日中ハイエンド医療交流会”並びに華泰-Hopenoah“信頼できる真愛”の保障企画商品発表会が円満にエンディングしました。会議に出席された各VIPゲストは様々な素晴らしいスピーチを行ない、海外医療に対する更なる認識を我々に与えてくれました。
 
又、会場では、著名なる肝胆膵外科専門家、日本順天堂病院副院長川崎誠治教授先生(Hopenoah専属顧問)により、日本医療方針についてもシェアさせて頂きました。
著名なる肝胆膵外科専門家:日本の医療方針は力を尽くして患者様の負担を減軽する事です。
 
日本順天堂病院副院長川崎誠治教授スピーチ:
 
皆様こんにちは、私は川崎誠治と申します。約23年間肝胆膵外科医として務めて参りましたが、お主な職務は教授です、最初7年間は信州大學附属病院にて肝胆膵外科教授、その後の15年間は順天堂病院の肝胆膵外科に就職し、今年4月1日より三井記念病院に就任することになりました。
日本の医療は高度的、又精度の高いサービスです。先生のみならず、看護師を含む、ハイレベルのサービスを提供できるチームワークです、これは私なりの感想です。
医療行為は単なる飛行機を乗って来られて簡単に完了する事ではありません、ハイリスクの行為です。ここで例を挙げると、私の専門分野肝、膵、胆管がんの外科切除術の中で、膵臓癌或るい胆管がんの手術については、ヨーロッパのデータにより約6%の死亡率である、アメリカでは約5%の患者が合併症により死亡される。また、日本全国平均死亡率では約2.5%です、2.5%でも非常に高い数値ですが、もしこの手術が日本の総合的な大型病院で行う場合には約1%になります。
例えば十二指腸切除術では、日本の総合病院と一般病院どちらかで行いのかは、その差別が非常に大きいです、ここでは、自慢話ですが、私が今まで行った膵臓十二指腸切除術約700例ですが、死亡率は0です。
日本現在の方針は、できる限り患者様の負担を減軽する事、傷口を小さくすることです。例えば腹腔鏡手術、胸腔鏡手術、ロボット支援手術等、日本でも新しい手術法です、一部大型総合病院では大腸がん殆ど腹腔鏡手術で対応している、これにより、患者様の痛みを減らすこと、入院期間も短縮できる、但し、これらの先進医療はすべて高度的信頼及び精度の高い医療環境を前提とする。
Hopenoahから紹介された患者様は大勢いますが、私の感想では医療だけではなく、通訳も含む、非常に時間が必要とする受診です、しかし、時間をかかった上、お互い非常に違和感なく、理解され、スムーズに受診する事が保証されています。これからも日本に受診で来られる中国の患者様のために、高水準の医療を保ちながら、全力を尽くして、努めて参ります。
ありがとうございます。
 
川崎院長は自分の専門分野から、様々な数値を捧げて頂く事により、世界トップクラスである日本医療はハイテクノロジーだけでなく、患者様の身体負担を最低限に減らし、患者様第一の先進医療である事が我々に伝えてくれました。
 
Hopenoahは日本政府に認定された海外医療企業の資格をもち、より良い医療を受けられるよう、助けをさせて頂くを願っています。要望があれば、是非弊社へ連絡してください。
フリーダイヤル400-082-8585
 
著名なる肝胆膵外科専門家、日本順天堂病院副院長川崎誠治教授
唯一Hopenoahと契約している専門家:川崎誠治教授
 
1、得意分野
 
肝臓がん、胆管がん、胆のうがん、膵臓癌、肝臓移植
 
2、名医履歴
 
肝胆膵外科主任教授
1952年生れ
77年東京大学医学部卒
85年同医科部第二外科助手
87年アメリカ美国Emory University外科臨床研究院
91年信州大学第一外科助教授
95年同教授
02年順天堂大学肝胆膵外科教授
 
3、専属学会.資格
 
肝臓移植研究会(常任世話人)
日本消化器病学会(理事)
日本外科学会(代議員)
日本消化器外科学会(評議員)
日本肝臓学会(評議員)
日本移植学会(評議員)
アメリカ外科学会会員、医学博士
 
4.川崎先生所属順天堂病院肝胆膵外科特徴
 
川崎诚治教授は,日本肝臓がん手術数ランキング2位の順天堂病院の副院長であり、肝胆膵外科分野では非常にハイテクニシャンでありながら、特に肝臓手術の中で高度複雑、難しい肝臓移植では五年生存率93%という驚きのデータの持ち主です!!!
 
川崎教授所在する順天堂病院の肝胆膵外科特徴は出血少ない、より安全な肝臓切除術。合併症少なく、死亡率0という良好な治療成績保ち、年間手術数連年上昇傾向。また肝臓切除術適応外の末期肝硬変、肝細胞がんに対し、生体肝移植を行ない。主に左葉接枝移植、又右葉接枝移植も上昇傾向である。胆のう結石では内視鏡により低侵襲手術を実施、入院期間が短縮できる。診療担当医は2チームに分かれ、川崎教授の統括も元にて診療活動を行います。
 
▲川崎誠治教授著作リスト
 
日本衆議院議長川野洋平の生態肝移植手術は川崎先生がの執刀医だった。又日本初の脳死肝移植手術である。当経験は『孤高のメス』という映画化にされました。
 
 
特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。