ホープノアニュース
海外名医FaceToFace——癌研有明病院呼吸器外科副部長文敏景教授肺がん篇
时间: 2018-11-12
2018年3月24日、Hopenoah及び泰康保険グループ主催する“世界名医in china”は予定通り美しい四川成都で開催されました。
Hopenoah:日本著名肺がん専門家文敏景成都交流会予定通り開催されました!
 
患者様の知識を高め、及び肺がんを予防する、不要な治療或いは遅延、誤った診療を行わない為、今回“海外名医face to face--肺がん篇”が開催されました。特別に日本癌研有明病院呼吸器科センター外科副部長文敏景教授を招いて、海外の最先端肺がん診療概念及び技能を皆様に紹介し、最大限の利益をもたらす目的である。
 
肺がんという悪性腫瘍の発病率及び死亡率共に世界トップである、毎年肺がんで死亡した人は非常に多いです、それに伴い、近年肺がんの臨床診療日々進歩され、治療手段も様々進行している。海外はどのような治療法?自分に見合った治療方法は肺がん患者様にとってどの様に選択すべき?
 

 
このような問題を抱え、今回“肺がんの基礎知識及び治療”を主題とした交流会では、文敏景教授が肺がんの発病原因、分類及び特徴、肺がんの検査(日本最先端CT)、肺がん発展程度及び治療方法(胸腔镜、胸腔切開、ロボット支援、放射線治療、陽子線治療)等の面から、患者様に対し、詳細に解説を実施しました。
会場満席状態
 
当日ご来場頂いた患者様及び家族は満席でした、内大勢の方々が外地からお越しください、文敏景教授の鮮やかな指導と興味深い医療知識に魅力され、会場では拍手喝采に溢れていました。
 
文敏景教授は患者様に対し、病状を分析する。
 
会場では文敏景教授が患者様の質問を親切に回答し、その後彼らと具体的の病状に対い、ディスカッションされ、更に今まで行った手術のMVを皆様に公開し、その絶妙で優れたスキルがご来場の皆様に魅力されました。
 
世界トップレベルの医師でありながら、文敏景教授は患者様宛にこのようなチャンス与えてくれました。この場を借りて国内外肺がん治療のレベル差を深く認識し、患者様は、今後是非このような講義の機会を増やして、病気を勝ち続ける彼たちの為に、明るい光を照らして挙げる事をHopenoahに強く申し入れました。
 
Hopenoahは“世界名医inChinaシリーズ”成都の皆様へ心を込めて感謝致します。今後グローバルな医療資源を統合し、患者様へ更なる医療及び健康管理に努めて参ります。この度私たちは歩み続き、できる限り皆様の健康を守る事、命を守る事を誓います。
 
文敏景:癌研有明病院呼吸器外科副部長
 

 
1、得意分野
 
胸腔镜手術(TS),完全胸腔镜手術,低侵襲手術
 
2、履歴
 
認定医:肺癌CT健診認定機構認定医
 
専門医:日本外科学会専門医、日本呼吸器外科専門医合同委員会専門医
 
指導医:日本癌治療認定医機構暫定教育医
 
3、診療内容
 
肺がんを中心として、下記の呼吸器関連の様々な腫瘍の診断や治療にあたっています。
1. 肺がん
2. 縦隔腫瘍(胸腺腫瘍など)
3. 胸膜・胸壁腫瘍
4. 転移性肺腫瘍(様々な原発巣からの肺転移の外科療法)
 
治療方法には、それぞれを単独で行う治療や各種を組み合わせて行う治療があります。
特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。