ホープノアニュース
中国最大手オンラインフォーラムサイト運営会社の天涯論壇と連携し、大型公益活動を開催---重大疾患の患者さんへの支援現場。
时间: 2018-11-05
中国大型論壇天涯コミュニティと中国最大規模の海外医療諮問・サービス機構―ホープノア健康管理公司(以下“ホープノア”と称する)は共同で大型愛心公益活動“無料海外遠隔診断”を本日(10月22日)正式にスタートさせた。中国国内の重疾患患者や家族が天涯コミュニティ“天涯病院”プレートで決まった手順で登録すれば、抽選で海外トップ専門医によるセカンドオピニオンを受けいるチャンスを獲得できる。
 
専門家の紹介によると、海外病院の先進医療とプロのサービス及び最新薬物・設備は一貫して海外医療を選ぶ重要な要因になっている。特に、世界衛生機構の年報ランキングにはアメリカが長年トップの座を維持している。その次から次へと登場する新薬・医療設備と最新技術(例えば、ダビンチロボット、全遺伝子検査、陽子線治療、三次元乳腺イメージング等技術)は一部の患者に新たな希望をもたらしている。
 
また、中国と近い日本は、アメリカに負けない医療技術を有しており、重粒子陽子治療上前代未聞の成果を挙げている。陽子線治療システムは“癌細胞を殺す利器”とされ、腫瘍の中心まで到達することができ、また、正常な部位の損害を控えつつ、有効に癌細胞を殺すことができる。現在世界で先進且つ高価な大型トップレベルの医療設備である。
 
海外病院の先進医療と海外トップレベルの医師先生の豊富な経験を中国患者も利用できることを目的に、ホープノアは世界医療資源を整合し、患者が全世界範囲内でトップ医療サービスの受けることに協力するとの主旨の下、今回の公益活動を開催した。
 
活動は“新たな希望・愛の選択”をテーマに、10月から来年3月末まで、計6ヶ月開催する。主催側は毎月の申込者の中から1名を厳選し、ホープノア海外医療サービスチームが患者のカルテを翻訳整理し、アメリカ或いは日本のドップ病院と医師に予約取得後、カルテ資料による診断を行う。また、その海外専門医師の権威ある診断意見を患者にフィードバックする。
 
ホープノア総裁王剛は10月22日行った“無料海外遠隔診断”公益活動起動式で、現代医学は根拠に基づく科学である。正しい診断がなければ、正しい治療ができず、それ故に、正確な診断はすべての治療の基礎と出発点になる。ホープノアの豊富な海外医療資源と専門サービスチームに基づき、公司は海外遠隔診断を選択して今回の公益活動を開催した。海外権威病院と医師によるセカンドオピニオンは元の診断を覆す若しくは再証明する結果になっても、中国の患者に取っては大きな意味を持つ。この公益活動を通して企業の社会責任を果すと当時に、更に多くの中国患者と家族が海外医学専門家と接し、海外先進医療技術を体験することにより中国と海外の医療医学交流と発展に寄与することを望んでいると述べた。
 
情報によると、ホープノアは中国国内でいち早く海外医療サービスの提供を開始した企業で、比較的早くアメリカと日本の信頼できる医療資源を中国に紹介した企業でもある。アメリカではマサチューセッツ本病院、アメリカ権威M病院等綜合ランキング前5位、部門ランキング前3位;日本ではがん研有明病院、順天堂医院、榊原記念病院等日本部門別ランキング前2位の医療資源を有している。ホープノアは現在業界内で自社の医師専門家チームを設立し、アメリカと日本に子会社と直属のサービスチームを持ち、患者にプロの完善なワンストップ解決方案を提供できる企業である。
 
特別提示:顧客及び医師の個人情報保護のため、文章中の名前と写真は個人情報保護処理を行った。本文は関係者同意の下、掲載しており、著作権はホープノア健康管理(北京)有限公司と顧客に帰属し、無断転載は厳禁する。もし、無断転載が発覚した場合その法律的責任を追及する権利を保留する。
 
特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。