ホープノアニュース
ホープノア 子供の健康のため、中国重疾児童公益活動。協力病院 Children's National Medical Center,アメリカ・コーネル大学和NYP。
时间: 2018-07-02
2017年7月2日、ホープノア健康管理(北京)有限公司(ブランド名“ホープノア”)と京東暖冬公益の共同主催“ホープノア希望‘童’行”-中国重疾児童に愛を届ける公益活動(第二回)が北京千禧ホテルで正式に始動した。
 

 
ホープノアCEO王剛、京東暖冬公益窄金栄、社会公益団体“愛童の家”発起人戴群、アメリカ国家児童病院小児科腫瘍専門家、小児神経病学てんかん専門家、コロンビアとCornell University附属病院(ニューヨーク長老会病院)小児科心臓病専門家等が活動に出席し、また、多数のマスコミ及び活動入選者が現場でこの公益活動の始動式を見証した。今回の活動には、アメリカ小児科医師の講義のみならず、午後にはアメリカ医師による児童患者への無料検診も行い、参加者の間で深みのある交流が行われた。
 
△ホープノアCEO王剛のご挨拶
 
多元共益構造の形成 共に児童重疾患を助ける
 
児童は未来の希望である。しかし、ある児童健康状況調査データによると、6-12歳年齢の完全健康な児童数は30%に満たない。重疾患の若年化現象は日々増しており、腫瘍は既に児童死亡の第二原因になっている。中国では毎年新増加悪性腫瘍患者児童は3-4万人、疾患によっては誤診率は50%にも達している;毎年新増加てんかん患者数は40万人、中には0-9歳のてんかん患者数は38.5%も占めている。先天性心臓病患者も毎年30万人増加し、こちらも5歳以下児童死亡の主な原因になっている。このような状況に対して、現状はまだ、児童腫瘍に対応する分類、検査などが整備されておらず、児童用の薬・設備等は成年患者に比べ、その対策の遅れが目立つ。小児科医師と児童患者の比率は1:5000にも達している。
 
 “私達はただ、子供が元気にいてほしい”これは疾患児童患者家族のささやかな望みであるが、児童健康問題は日々悪化している。この現象は社会各方面から注目を集めている。海外医療の牽引役であるホープノアは日々、能力向上と内部改善に努めるのみならず、社会の“多元共益”にも協力を惜しまない。自分達の強みを活かし、中国重疾患児童に世界優良病院を紹介している。アメリカ国家児童病院、コロンビアとCornell University附属病院(ニューヨーク長老会病院)等良質な医療資源を提供する以外にも、京東暖冬公益インターネット募金プラットフォームと共に、児童患者家族の京東募金・治療費集めに協力をしている。また、社会公益団体“愛童の家”及び多数のメディアと一緒に社会へ児童健康及び公益事業への貢献を呼びかけている。
 
名医公益の先例を作り、医療資源共有の架け橋に
 
募金及び公益団体への援助のみならず、ホープノアは良質な医療資源の共有を図って、アメリカ国家児童病院、コロンビアとCornell University附属病院(ニューヨーク長老会病院)と共に、中国重疾患児童家庭に信頼できるアメリカ児童専門医師による一対一のセカンドオピニオンを実施した。一流のアメリカ国家児童病院は《U.S.News》により2015-2016年権威児童病院に選ばれた。この病院はアメリカ政治要員及び各国駐米大使館家族の主な診療病院にもなっている。コロンビアとCornell University附属病院(ニューヨーク長老会病院)は全米権威ある医療機関で、《U.S.News》より2016-2017年優良病院ランキングTOP10に入った。前アメリカ大統領ビル・クリントンも通った病院である。
 
△アメリカ小児てんかん専門家William Gaillardの児童患者のため、画像診断

両病院の名医到来は、厳しい小児科医患比率の改善と同時に、中国重疾患児童患者と国際優良資源とのドッキングを大いに促進した。これは、すべての児童患者が信頼できる専門医師による診療意見と身に合った専門治療提案をもらい、児童患者家庭が“病により貧に至る”或は“病により貧に戻る”を防ぎ、いち早く健康を回復し、家庭に戻る手助けになる。
 
 “名医公益”モデルは科学的に海外医療コーディネーターの強みを利用すると同時に、多数の専門医療従事者や思いやりのある方々を寄せ付け、医療公益活動の専門性・利便性を促した。これは科学・民主・分ち合うという現代の価値観に合致するだけでなく、現代公益事業の発展の先例を作り、良質医療資源の共有の架け橋にもなった。
 
△アメリカ専門家による無料診断
 
公益援助始動 ホープノアと希望“童”行
 
情報によると、ホープノアは中国国内でいち早く海外医療サービスの提供を始めた企業で、比較的早くアメリカと日本の信頼できる医療資源を中国に紹介した企業でもあり、日米の権威ある病院のみと協力関係を築いている。ホープノアは海外の先進医療技術と海外トップクラス専門医の豊富な治療経験を中国の児童患者も利用可能にする手助けをし、“更なるより良い医療”を使命として、児童健康領域に一貫した努力を注いでいる。前段階では日本国家児童病院及びアメリカ国家児童病院と戦略合作を実現し、2016年には“ホープノア 希望‘童’行”公益活動を開始した。公益活動開始以来、社会各方面からの関心と支持を受けている。
 
ホープノアは今回の公益活動はただ、新しいスタートに過ぎず、次は公益援助を継続しつつ、更なるホープノア児童疾患患者へのサービス内容の充実を図り、より多くの児童患者が恩恵を受けるように務めると述べた。また、公益活動に参加した方々には参加過程で中国児童疾患問題にもっと注意を払い、実際の行動で困っている児童を援助し、希望童行を支援するよう呼びかけた。
特記事項:ユーザーと医師のプライバシーを保護するために、テキストの名前と画像はプライバシー保護されています。この記事は、Hopenoah(北京)有限公司及びユーザー自身に帰属します。Hopenoahの許可なく転載することは固く禁じられています。そうでなければ、法的責任を追及する権利を留保します。