国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
所在地:
日本 〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1
病院概要


 

研究所と一体となって診療と研究に取り組み、
 
精神・神経・筋疾患と発達障害の克服を目指します
 
センター病院は、脳および神経・筋肉の病気の原因を解明し、診断・治療を発展させるため、日本の研究と医療をリードする役割を持った病院です。これらの脳や神経・筋の疾患の中には、病気の原因が分からず治療法も乏しい難病も数多く存在しています。また、これらの病気に罹ったために仕事や日常生活が妨げられて「生活の質(QOL)」が低下して困っている方も大勢います。私たちは、これらの心や精神の病気、神経の病気、運動が妨げられる筋肉の病気、発達障害をもつ患者様に対して、人権を尊重しながら誠意をもって、高い医療技術を提供していきます。
 
看護活動
 
看護部は病院の基本理念に基づき、精神・神経筋疾患・発達障害のある患者さまに質の高い、専門的な看護を提供し、健康と福祉に貢献しています。
 
◆ 患者さまの心に寄り添った看護を提供しています。
◆ 看護職としてのプライドを持ち、知識・技術・態度の習熟に努めています。
◆ 常に患者さまの安全に留意し、事故防止に努めています。
◆ チーム医療を担う一員としての自覚をもち、他職種との連携を図り看護を行っています。
◆ ご家族および地域関係機関とのネットワーク作りを行い、地域医療サービスの提供および啓発活動を促進しております。
◆ 精神・神経筋疾患および発達障害のある患者さまの専門分野の実践・教育・研究を推進しています。