国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
所在地:
〒157-8535 東京都世田谷区大蔵二丁目10番1号
病院概要

 

理念
 
病院と研究所が一体となり、健全な次世代を育成するための医療と研究を推進します。
 
基本方針
 
成育医療のモデル医療や高度先駆的医療をチーム医療により提供します。
成育医療の調査・研究を推進します。
成育医療の専門家を育成し啓発普及のための教育研修を行います。
成育医療の情報を集積し社会に向けて発信します。
 
子どもの患者かんじゃの憲章けんしょう
 
子どもたちは、いつでもひとりの人間にんげんとして大切たいせつにされます。
子どもたちは、どんな病気びょうきであっても、もっともよいと考かんがえられる診療しんりょうを受うけることができます。
子どもたちは、病気びょうきのことや病気びょうきを治なおしていく方法ほうほうについて、それぞれの年齢ねんれいや理解度りかいどにあわせて、必要ひつようで十分じゅうぶんな説明せつめいを受うけることができます。
子どもたちは、病気びょうきのことや病気びょうきを治していく方法ほうほうについて、自分じぶんの考かんがえを病院びょういんの人ひとやご家族かぞくに伝つたえることができます。
子どもたちは、自分じぶんで自分じぶんの健康けんこうについての意思いし決定けっていができないとき、代かわってご家族かぞくに決きめてもらうことができます。
子どもたちは、不安ふあんなことやわからないことがあるときは、病院びょういんの人ひとやご家族かぞくに話はなしたり、聞きいたりすることができます。
子どもたちは、身体的しんたいてき、情緒的じょうちょてき、発達的はったつてきニーズにこたえられるスタッフによるケアを受うけることができます。
子どもたちは、親おやまたは親おやに代かわる人ひとと一緒いっしょに過すごすことができます。
子どもたちは、年齢ねんれいや症状しょうじょうにあわせて、遊あそび、レクリエーションに参加さんかし、教育きょういくを受うけることができます。
子どもたちのプライバシーは、いつでも守まもられます。
※ 患者かんじゃさんとその保護者ほごしゃ(親権者しんけんしゃまたは後見人こうけんにん等などの法定ほうてい代理人だいりにん)は、患者かんじゃさんの診療しんりょう記録きろくの開示かいじを求もとめることができます。
※ 患者かんじゃさんとそのご家族かぞくは、希望きぼうすれば、セカンド・オピニオンを求もとめることができます。
 
当センターで診療を受ける方の権利憲章
 
つねに人間としての尊厳をもって診療を受ける権利があります。
良質かつ適切なケアを、公正に受けることができます。
身体的、精神的苦痛を軽減するために必要なケアを受けることができます。
自らの診療に関わる決定において、十分な説明を受け、自らの意思で選択することができます。
セカンド・オピニオンを求めることができます。
自らの診療記録の開示を求めることができます。
診療過程で得られた個人情報は保護され、院内では可能な限りプライバシーが守られます。
臨床研究、治験などの開発途上にある診療について、十分な情報提供を受けた上で、自由意思に基づき、それらに参加することができます。
 
当センターで診療を受ける方とそのご家族へのお願い
 
受診されている方の心身の健康状態に関する情報を、できるだけ詳しく、正確にお伝えください。
納得できる診療を受けられるように、十分に理解できるまで質問してください。
十分な治療効果が得られるように、診療にご協力ください。
当センターにおける研修・教育・研究に、ご理解・ご協力ください。
当センターの規則や社会のルールを守ってください。
※次のような迷惑行為(もしくは類似の行為)があった場合には、診療をお断りする場合があります。
他の患者さんやご家族、職員に対する暴力行為やセクシャルハラスメント等があった場合、もしくはおそれがある場合
大声、暴言または脅迫的な言動により、他の患者さんに迷惑をかけたり、職員の業務を妨げた場合
建物設備等を故意に破損等した場合
受診に必要でない危険な物品等を院内に持ち込んだ場合